和の暮らしに最適な住まい|新しいスタイルを活用しよう:併用住宅の特徴とは?

新しいスタイルを活用しよう:併用住宅の特徴とは?

和の暮らしに最適な住まい

一軒家

伝統とともに暮らす喜び

わが国の住宅建築にあっては、さまざまな国におけるさまざまな時代の建築様式が百花繚乱の様相を呈しており、施主にあっては選択に迷うほどです。そんな中にあって、格別な魅力を放っているのが純和風建築です。長年にわたって日本の気候風土に合うよう工夫を重ねた末に完成した和風建築は、住みやすさという点で非常に優れた特性を有しています。それに加え、伝統と格式に満ちた佇まいは、自らの「城」にふさわしい独特の威厳を備えています。多くのハウスメーカーや工務店は、こうした和風建築に関するノウハウを持っており、注文建築にも対応しています。しかし、特に「風格」にこだわった家づくりをするなら、ぴったりの施行者がいます。それが、宮大工です。

独特な建築技術を有する

宮大工は、神社や寺院などの伝統的な建造物の設計・施工を手がける大工です。和風建築の精髄とも言える寺社建築は、見た目の美しさや壮麗さばかりでなく、素材の選択や工法などにも独特のこだわりが見られます。採光・通風・耐震性などに優れ、中には百年を越える歳月にも耐えられるだけの耐久性を備えたものがあります。宮大工は現在も寺社の新築や修復などを主たる業としていますが、その合間を縫って一般住宅の設計・施工を請け負うこともあります。中には会社形式になっているところもあります。高度な技能者集団である宮大工が建てた家は、非常に高い水準の安全性や快適性を実現しています。伝統につらなって今を生きることの素晴らしさを、日々の生活の中で感じさせてくれます。