駐車場確保の不動産が人気|新しいスタイルを活用しよう:併用住宅の特徴とは?

新しいスタイルを活用しよう:併用住宅の特徴とは?

駐車場確保の不動産が人気

家

東部エリアが人気

名古屋は大都市ですが、東京や大阪とは異なり、比較的狭いエリアにビジネス・商業などのエリアが集中しています。そのため中心部から少し離れた場所では閑静な住宅街が広がることも多く、戸建てを考えている人には人気となっています。特に、名古屋東部エリアはまだまだ開発できる土地があることから、近年住みたい街NO.1に選ばれている街も多いのが特徴です。中心部まで地下鉄一本乗り換えなしで行けるエリアは特に人気で、商業施設をはじめ自然豊かな公園などが数多くあり、大通りから一本入ると閑静な住宅エリアが広がり、オシャレなカフェもたくさんあることから戸建てを購入して終の棲家に選ぶ人が増えているのです。また、最近では地下鉄の拡張が進んだことから東部丘陵地帯の宅地開発も進んでいます。

地下鉄、私鉄、JRが充実

名古屋は大都市の中でも車の所有率が高く、駐車場の確保が必要な街です。そのためにほかの大都市と比べ、マンションよりも戸建てを希望する人が多く、戸建ての不動産は充実していると言えるでしょう。駅周辺はマンションが多いですが、少し離れると駐車場が確保できる戸建てがたくさんあります。交通の利便は、地下鉄に限らず、JRや私鉄が市内を網羅しているので困ることはないでしょう。名古屋市内であれば離れていても公共交通機関利用でだいたい30分ほどで中心部まで着くことが可能です。また近年、郊外に集中していた大学施設が市の中心部に戻ってきている傾向があり、通勤とともに通学も便利になってきています。名古屋市内で戸建てを考えるならば、平均的な相場は3500万前後です。しかしエリアや物件の大きさによって2000万円台から5000万円台と幅広く選択することは出来るので、不動産情報をまめにチェックするといいでしょう。