新しいスタイルを活用しよう:併用住宅の特徴とは?

見る目を作ることが大切

積み木

川西で後悔のない戸建て住宅を購入するために、モデルルームに行って物件を見る目を養うことも大切です。ただし、モデルルームには住宅会社の最新の技術や良い設備が揃っています。そのためモデルルーム通りの家だと値段が高くなってしまうということを把握したうえで、参考にするようにしましょう。

More Detail

駐車場確保の不動産が人気

家

名古屋は狭いエリアの中に主要施設が集約しています。市内であれば約30分以内で中心部につくことが出来ます。名古屋は戸建て志向が強い傾向があり、東部エリアの地下鉄沿線は人気の住宅エリアです。駐車場が確保できる戸建ても多くなっているので、不動産情報をチェックするといいでしょう。

More Detail

自宅を賃貸するシステム

インテリア

自宅を生かす仕組み

国内ではまだ聞きなれない言葉だと思いますが、「併用住宅」とは一体どのようなものなのかと思っている人も数多くいます。一言で言いますと、自宅の一部を誰かに賃貸物件として貸し出す形の住宅のことを指します。もとから併用住宅にすることを見越して家を建てる場合もありますが、最初は大家族だったけれど現在は二人暮らしなので、余っている部屋を賃貸物件とする場合もあります。どちらにしても、誰かに貸すことが出来る状態にしなければいけませんので、一般的に建て増しをしたり大々的なリフォームを施すことになります。土地や部屋が余っているというのは非常に勿体ないことですので、上手に活用することによって、新たな利益を得ることが出来るようになるのです。

設計プランはさまざま

また、併用住宅とは非常に自由の効く形ですので、オーナーの意向を存分に発揮することが出来ます。例えば、二階は自分の家族が住み、家の前にあるカーポートの面積も自分たちの家族のものとします。一階を完全に賃貸物件として、水回りやクローゼットなどを完備させ、誰かに貸すことにするという方法があります。エントランスはもちろん別々です。また、賃貸物件となる建物の騒音が気になるかもしれないという不安が大きいようであれば、自宅と賃貸物件が完全に分離した形の併用住宅を建てることも出来ます。三階建ての建物にすると、さらに併用住宅についての構想が広がっていきます。とにかく、自分たちの好きな形で併用住宅を造ることが出来ます。

和の暮らしに最適な住まい

一軒家

宮大工は、神社仏閣などの伝統的な建造物の建築・修理などを業とする専門技術者です。中には一般建築を手がける者もおり、マイホームの施工を依頼することも可能です。安全性や快適性を高水準で満たした住まいづくりを提供しています。

More Detail